• Tatsuo Muto

大山千枚田 ひこばえと曼殊沙華

最終更新: 4月7日



「大山千枚田」は千葉県鴨川市にあります。 東京から最も近い棚田と言われており、日本で唯一の雨水のみで耕作を行っている水田です。この手入れの行き届いた棚田からは、四季を通じて美しい朝陽を拝むことが出来ます。

 大山千枚田は毎年9月下旬になると曼殊沙華の花で畔が赤く彩られます。また、この時期は収穫が終わり、棚田に「ひこばえ」と呼ばれる切り取った稲から若芽が出始める頃でもあります。ひこばえの青と曼殊沙華の赤をアクセントにして、不安定な気象条件の中、朝陽が顔を出した瞬間を狙ってシャッターを切りました。


 刈り終へし 棚田に稲田青く茂り あぜのなだりに 彼岸花咲く


 2010年に千葉国体が開催された際に、天皇陛下が大山千枚田を訪問し、この句を詠まれました。斯様に美しい日本の原風景はこれからもずっと残り続けて欲しいですね。

10回の閲覧

Copyright (c) 2005-2020 Tatsuo Muto.  All rights reserved.

当サイトに掲載されている写真の無断複写・転載等の利用、使用を禁止します。