• Tatsuo Muto

千畳敷カール 圏谷の錦秋

最終更新: 4月7日



 「千畳敷カール」は中央アルプスにある標高2600mの窪地です。 2600mの高地ですが、ロープウェイで一気に登ることが出来るのでアクセスは比較的容易です。ちなみに、ロープウェイの千畳敷駅は日本で最も高地にある駅だそうです。氷河の浸食によって削り取られた「カール」と呼ばれる地形は、夏には多くの高山植物が咲き、秋には美しい紅葉風景を見せてくれます。

 私が訪問したときは、まだ9月下旬にもかかわらず丁度紅葉が最盛期を迎えていました。 勿論一眼レフも持参していましたが、iPhone5のパノラマ撮影機能を使ったら面白い写真が撮れるのではないかと思い撮影したのがこの写真。スマホで撮ったとは思えない出来映えに撮影した本人も驚きです。

 最近コンデジが売れていないと聞きます。理由はスマホのカメラの性能が上がり、わざわざコンデジを持ち出す必要がなくなったからだそうです。なるほどその通りだな、と思わず頷いた1枚でもあります。

0回の閲覧

Copyright (c) 2005-2020 Tatsuo Muto.  All rights reserved.

当サイトに掲載されている写真の無断複写・転載等の利用、使用を禁止します。