• Tatsuo Muto

新緑の池畔

最終更新: 5月19日


 

 白川ダム湖は山形県西置賜郡飯豊町にあります。GW前後の頃になると、下流の田園に水を張るために一時的に雪解け水を白川ダム湖に貯めるので湖の水位が上がり樹々が水没します。なのでGWの頃に白川ダム湖を訪問するとちょっと変わった風景を見ることができるのです。

 この日は無風で湿度が高いという予報だったので、高確率で霧が出ると予想して未明に現地入り。果たして朝を迎えると、毛嵐は出ませんでしたが霧をまとった美しい池畔の水没林が姿を現してくれました。ちなみに、水面の模様はシロヤナギの芽吹きで出た殻です。毛嵐の代わりに、芽吹きの殻が模様となって良いアクセントになりました。片道350kmの弾丸訪問は心身および経済的にダメージを受けますが、これだからやめられないのです。

 

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示