top of page
  • 執筆者の写真Tatsuo Muto

本郷の瀧桜


「本郷の瀧桜」は奈良県宇陀市にあります。本郷区には戦国武将の後藤又兵衛がこの地へ落ちのび、僧侶となり一生を終えたという伝説が残っており、この枝垂れ桜が後藤家の屋敷跡にあることから、地元では「又兵衛桜」と呼ばれ、親しまれています。

 気象予報サイトで満開になったとの情報を聞きつけて車を走らせ、7時間かけて現地入り。カメラを構えて陽が昇るのを待っていると、又兵衛桜の裏側に先に光が当たりはじめたため、桜の内部が光っているかのような雰囲気になりました。この予期せぬ素晴らしい状況に「やったー!」と、心の中で叫びながら夢中でシャッターを切ったのがこの写真。千葉からここまで片道500kmの道のりでしたが「奈良まで遠征して良かった」と、心から思った瞬間です。(^^


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

桜島

Comments


bottom of page