• Tatsuo Muto

立石の夕景



 立石公園は神奈川県横須賀市秋谷にあります。「立石」とは波打ち際に突き出した高さ12m、周囲約30mの巨岩の呼び名で、この地は海の彼方に富士山が拝めることから古くから景勝地として知られ、歌川広重が『相州三浦秋屋の里』を描いたことでも有名です。

 春分の日前後になると立石と富士山の間に陽が落ちるとあって、この時期の立石公園には多くのカメラマンが集結して場所取り合戦が繰り広げられますが、この日は爆弾低気圧の影響で、朝から大荒れの天候だったため人は疎ら。それでも定番撮影地の崖上の歩道は場所取りの三脚がずらりと並んでいたため、階段を下りて浜辺の岩場に三脚を設置しました。日中の荒天が夕方になると嘘のように晴れ上がったため、単調な空を捨ててアイラインを下げ、手前の岩場を多く入れて構図を整えました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示