top of page
  • 執筆者の写真Tatsuo Muto

谷川岳 一の倉沢の紅葉


「谷川岳」は群馬県と新潟県の県境にあり、日本百名山の一つに数えられています。標高は1977mということで、そんなに高い山では無いのですが、険しい岩場での滑落事故が相次ぎ、今までに800名以上の死者が出ているそうです。とくに「一の倉沢」は「一番の岩壁」という意味から名付けられましたが、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに数えられ、ロッククライミングの聖地となっています。

 この日は谷川岳周辺が紅葉を迎えたとの情報を聞きつけ現地入り。果たして一の倉沢に到着すると、紅葉絶好調の山肌の向こうに険しい岩壁が威風堂々と佇む絶景が目の前に広がっていました。一の倉沢は運が良いと山頂付近が冠雪して、紅葉と冠雪した岩壁のコラボが観られるそうです。実は3日前に初冠雪の情報を得ていて、まだ雪が残っている音を期待しての訪問でしたが、残念ながら雪はほとんど解けてしまっていました。冠雪の絶景は今後の楽しみにとっておきます。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page