• Tatsuo Muto

鶴岡八幡宮 隠れ銀杏



 鶴岡八幡宮は、鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国的に知名度が高い、鎌倉を代表する神社です。この神社は、四季を問わず常に多くの参拝者で賑わっています。私がこの写真を撮ったのは、2009年の晩秋です。境内の「隠れ銀杏」が黄葉したとの情報を得て始発電車で訪問しました。現地入りすると果たして情報通りで、大銀杏は見事に黄葉しており、夜明け前の境内にはお勤めの神官以外は誰もおらず、厳かな空気が漂っていました。やがて夜が明けて、朝陽が大銀杏を照らし始めたところでケーブルレリーズをパチリ。日中の鶴岡八幡宮の賑わいからは想像もできない、美しい風景を切り取ることができました。

 ただ残念なことに、この大銀杏は2010年の3月に強風で根元から折れてしまい、今はもうこの風景を見ることはできません。鴨長明による鎌倉時代の随筆「方丈記」に『ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし』という有名な一節がありますが、まさにこの言葉通りの世の無常を感じた出来事でした。


4回の閲覧

Copyright (c) 2005-2020 Tatsuo Muto.  All rights reserved.

当サイトに掲載されている写真の無断複写・転載等の利用、使用を禁止します。