• Tatsuo Muto

手賀沼 立冬の朝

最終更新: 5月30日



 手賀沼は千葉県北部にある、柏・我孫子・印西・白井の四市を跨ぐ広大な沼です。干拓によって大分縮小されてしまいましたが、それでも大きな沼であることに変わりはなく、沼の面積は約650haもあります。 ちなみに、手賀沼の水深は平均で0.9mとかなり浅く、最も深いところでも4m弱しかありません。

この日は前日のまとまった雨のため、霧の深い朝でした。 手賀大橋の上からファインダー越しに葦の枯れ草に目をやると、一羽のコブハクチョウが優雅に泳いでいました。そして、コブハクチョウが羽を広げたタイミングでケーブルレリーズを切った瞬間に左上から水鳥が飛来。 運にも恵まれた1枚です。

0回の閲覧

Copyright (c) 2005-2020 Tatsuo Muto.  All rights reserved.

当サイトに掲載されている写真の無断複写・転載等の利用、使用を禁止します。