top of page
  • 執筆者の写真Tatsuo Muto

本土寺 極楽の東門



「本土寺」は千葉県松戸市にある日蓮宗の寺院です。 この寺は通称「あじさい寺」と呼ばれていて、6月になると1万株の紫陽花の花が咲き、参拝客の目を楽しませてくれています。しかし、本土寺の魅力は紫陽花だけではありません。境内には他にも百本の桜、5千株の菖蒲、そして千本のモミジが植えられており、それぞれが季節ごとに多彩な彩りを魅せてくれます。

 この写真は紅葉の時期の一コマで、山門付近で撮影しました。開門前に拝観料を支払うために受付付近に並んでいたら山門付近で良い感じに光芒が出ていたので、急いで列を離れて三脚を設置して撮影しました。ちなみに、タイトルの「極楽の東門」とは極楽の東側にあって人間世界に向かって開いている門の事です。勿論、私はその門を見たことはありませんが、あるとすれば、きっとこんな感じなのではないでしょうか。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page